台風14号接近 うねりともなった高波も... 三重・熊野市の現在の様子は?

社会 暮らし


台風14号の接近にともない、既に強風域に入っているとみられる三重県南部の熊野市から、前田輝アナウンサーが中継でお伝えする。

三重県南部に位置する熊野市。

現在、海岸の見える高台にあるホテルから伝えている。

熊野灘の波の様子を見てみると、一時は、建物がある高さの半分ぐらいまで波しぶきが上がっていた。

その時ほどではないが、うねりをともなった高波が海岸に打ち寄せている。

雨は一時落ち着いていたが、また雨粒が大きく、雨脚が強くなってきた。
まだまだ降り続いている。

そして、風。
風は依然として強く、木々が大きく揺れている。

10日午前7時ごろが、とにかく風が強く、踏ん張っていないと身体がよろめく位の風だった。

風の音も大きく、自分の声も聞こえなくなるほど。

また、木の枝のようなものが飛んでいるのも見えた。

気象台によると、ここ三重南部では、最大風速は陸上で15メートルが予想されている。

また外海では夕方まで、7メートルの大しけとなっていて、このあと正午すぎにも満潮を迎えるため、まだまだ警戒が必要。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース