2回目の討論会は中止 アメリカ大統領選 影響は...

国際


アメリカの大統領選挙に向けたトランプ大統領と、民主党のバイデン候補の2回目の討論会が中止されることが決まった。

討論会を主催する団体は9日、トランプ大統領とバイデン氏の討論会が予定されていた10月15日に、両陣営がそれぞれ別々の計画を立てていることから、実施できないとして、中止を発表した。

22日に予定されている討論会については、両候補が参加に同意していると説明している。

2回目の討論会をめぐっては、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受け、オンライン形式に変更することが決まったが、トランプ大統領は参加を拒否していた。

こうした中、トランプ大統領は激戦州のフロリダで、12日に支持者集会を開催すると明らかにした。

これまでのところ、検査で陰性となったとは発表されていないが、トランプ大統領としては、選挙活動の再開で復活を印象づける狙い。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース