2019年に台風直撃...千葉・館山市の現在の様子は? 今後も警戒続く

社会 暮らし


台風14号は、10日夕方以降、関東の南に進んでくる見込み。

今後、強風域に入る可能性がある千葉・館山市から、中継でお伝えする。

10日午前11時55分ごろの千葉・館山市の布良地区。
風は強くないが、雨がポツポツと降り始めた状況。

館山市は今後、台風14号の強風域に入る可能性があり、11日朝にかけて、多いところで1時間に30mmの雨が降り、最大瞬間風速は30メートルと予想されている。

千葉県は2019年、台風15号の直撃を受け、8万1,000棟以上の住宅に被害が出たが、修復工事が完了したのは、9月の時点でおよそ6割にとどまり、ブルーシートが残ったままの住宅が見受けられる。

館山市に住む80代の女性は、「去年の台風みたいに強くなくてよかったけど、すぐに避難できるように準備はしている」と話していた。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース