“普天間”で知事に理解求める 加藤長官 沖縄訪問

政治・外交


加藤官房長官は10日、就任後初めて沖縄県を訪れ、午後、玉城知事と会談した。

加藤長官は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古沖への移設に理解を求めた。

玉城知事「辺野古移設計画は断念し、普天間飛行場の1日も早い危険性の除去を実現するよう、早期に普天間飛行場負担軽減推進会議をはじめとした、沖縄県との協議の場を設けていただくよう、強く要望する」

加藤官房長官「日米同盟の抑止力をどう維持していくか、普天間飛行場の危険性をどう除去するか、こうしたことを考えたときに、唯一の解決策は辺野古移設と考えている」

これに先立ち、加藤長官は、陸上自衛隊のヘリコプターで基地の周辺を上空から視察した。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース