【独自】商業捕鯨「基本方針」 13日にも閣議決定

政治・外交


2019年に再開された商業捕鯨で、漁獲量の上限を設けるなどとする政府の基本方針が、来週にも閣議決定されることがわかった。

政府が策定する基本方針には、科学的根拠に基づいて漁獲量の上限を決めることや、商業捕鯨を円滑に行うため、必要な予算措置を講じること、国際機関などとの連携を強化することなどが明記されることになった。

「基本方針」は、13日にも閣議決定される予定で、政府は、国際社会の理解を得ながら、商業捕鯨を進めたい考え。

(FNNプライムオンライン10月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース