埼玉 ミュージカル稽古場で62人感染 東京は新たに249人

社会 暮らし 医療・健康


埼玉県で10日、ミュージカルの稽古場で、出演者や音響スタッフなど62人に新型コロナウイルスの感染が確認された。

大規模なクラスターが発生したのは、さいたま市にある「劇団ミュージカル座」で、出演者や音響スタッフなど62人の感染が確認された。

稽古には、東京や埼玉などから91人が参加し、稽古場は、音が外に漏れないように窓は締め切られていて、1時間に一度、換気をしていたという。

東京都の1日の感染者数は249人で、3日連続で200人を超えた。

5人の感染が確認されていた足立区の大内病院では、新たに患者19人と看護師4人の感染が確認され、感染者数は、あわせて28人になった。

また、日本大学の運動部でも新たに22人の感染が確認され、感染者は、あわせて24人にのぼっている。

バスなどでの移動の機会が多く、そこで感染した可能性もあるという。

このほか神奈川県で63人、大阪府で52人など、全国で681人の感染が確認された。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース