“辺野古移設”めぐり平行線 加藤官房長官と玉城知事が会談

政治・外交


加藤官房長官は10日、就任後初めて沖縄県を訪れ、玉城知事と会談した。

玉城知事が、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古沖への移設に反対する考えを伝えたのに対し、加藤官房長官は、移設に理解を求めた。

沖縄基地の負担軽減担当を兼ねる加藤官房長官は、陸上自衛隊のヘリコプターで基地周辺を上空から視察したあと、夕方に玉城知事らと会談した。

玉城沖縄県知事「県民の理解が得られない辺野古移設計画は断念をし、普天間飛行場の一日も早い危険性の除去の実現するよう」

加藤官房長官「唯一の解決策は辺野古移設というふうに私どもは考えているところであります」

加藤官房長官は、普天間基地の名護市辺野古沖への移設に理解を求めたが、これに反対する沖縄県とのやりとりは、平行線のままだった。

一方、加藤官房長官は、基地の跡地利用や沖縄の振興策には、積極的に取り組む考えを表明した。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース