“新型ICBM”など公開 北朝鮮が軍事パレード

国際


北朝鮮は、朝鮮労働党創立75年の記念日にあたる10日未明、軍事パレードを行い、新型とみられるICBM(大陸間弾道ミサイル)などを公開した。

朝鮮中央テレビは、10日午前0時に始まった軍事パレードの様子を午後7時から放送した。

パレード終盤には、発車台の片側に11の車輪がある、新型とみられる大型のICBMが登場。

「北極星4」と書かれた新型の潜水艦発射弾道ミサイルとみられる兵器も公開された。

北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)委員長「自衛手段としての戦争抑止力を引き続き強化していく」

金正恩委員長は、演説で軍事力強化を継続する考えを示したが、「誰かを狙って強化するわけではない」とも述べ、協議が膠着(こうちゃく)するアメリカには、直接言及しなかった。

ホワイトハウス高官は、「北朝鮮が核・ミサイル計画を優先し続けていることに失望する」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース