「朝から暑い」季節外れの暑さ 東海から九州 あす以降も...

社会 暮らし


11日は、静岡市で30度を超えるなど、東海を中心に、10月中旬としては珍しい暑さとなっている。

11日は、東海から九州で朝から気温が上がり、雲ひとつない青空が広がった静岡市では、清水区で30.7度など、2地点で真夏日となり、水遊びをする親子連れの姿も見られた。

街の人「きょうは暑くて朝から、日差しが強かったので、夏が戻ってきたみたい」

また、9日から10日にかけて、平年の10月の1カ月分を超える雨が降った三重・尾鷲市でも、29.3度と、真夏日に迫る暑さとなった。

東海から九州は、12日以降も平年を上回る暑さが続く見込み。

一方、10日に大雨特別警報が出た伊豆諸島南部では、7日の降り始めから、雨量が八丈島で708mm、三宅島で516mmなど、平年の10月の雨量を大幅に上回る大雨となった。

この影響で、三宅島では土砂崩れが発生し、土砂で道路が寸断され、近くの墓地ものみ込まれている。

このほかに、三宅島では土砂崩れが3カ所発生しているが、けが人はいないという。

台風14号は今後、南下する見込みで、12日に熱帯低気圧に変わったあと、小笠原付近へ進む予想。

(FNNプライムオンライン10月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース