【速報】贈賄側2人に有罪判決 秋元議員IR汚職

社会


IR(統合型リゾート)汚職事件で、贈賄側の2人に執行猶予付きの有罪判決。

中国企業元顧問・紺野昌彦被告(49)と仲里勝憲被告(48)は、IR事業をめぐって便宜を図ってもらうため、衆議院議員の秋元司被告(48)に、現金などおよそ760万円の賄賂を提供した罪に問われている。

東京地裁は、判決で「贅(ぜい)を尽くした露骨な接待に終始し、至れり尽くせりの特別待遇を行った」と指摘した。

そのうえで、「IR事業の職務の公正や社会一般の信頼を大きく損なった」として、紺野被告に懲役2年、仲里被告に懲役1年10カ月、それぞれ執行猶予3年の判決を言い渡した。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース