河野大臣ナゾのつぶやき 「ウェーイ」の真意は不明?

政治・外交 社会


「脱はんこ」を推し進めるなど、話題の尽きない河野太郎規制改革担当相だが、先日ツイッターに投稿した、あるツイートが、ちまたをざわつかせている。

それが、「チャンネルは回さず、ダイヤルも回さず、ビデオは巻き戻さず、レンジはチンせず、蛍光灯はひもを引っ張らず、お風呂屋さんに富士山はなく、アイドルはブラウン管の向こうにおらず、ディスクはフロッピーでなくなり、カセットテープで音楽を流さず、ウェーイ」というツイート。

これ、いったいどういう意味なのか、街の人たちに見てもらうと。

20代女性「最後の『ウェーイ』で...」
30代女性「『ウェーイ』が気になるよね」
20代女性「なにも内容が頭に入ってこないです」
30代女性「フロッピーも言わないよね?」
20代女性「フロッピーってなんですか?」、「(フロッピーはわかりますか?)わかりません」

20代女性「チャンネル『変える』って言うよね」、「共感...昔、知らないからできないよね」

60代女性「一見、見ただけではちょっとわかりかねます。これ、ずいぶん昭和の話ですよね」

皆さん、やや苦戦気味の様子。

さらに河野大臣、この2日後にも、「駅員さんはハサミを持たず、教育テレビは3ちゃんじゃないし、東京12チャンネルもなく、野球選手がお立ち台に立ってるし、エンジンはカギを回さず、電話は黒くなく(俺の携帯は黒いけど)、蛇口はひねらず、彼女のお父さんが電話を取ることはないし、ドリフに荒井注はいない、今日もウェーイ」とつぶやいた。

20代女性「『駅員さんのハサミを持たず』とかはわからないんですけど、『蛍光灯はひもを引っ張らず』とか、『アイドルはブラウン管の向こうにおらず』とかはわかる」

今回のツイートについての説明はしないという河野大臣。

各省庁のデジタル化を進めるため、あえて昭和の遺物を持ち出し、はんこなどの使用が減ることも必然だと言いたかったのだろうか。

これらの投稿に寄せられた「いいね!」は22万件以上。

永田町のインフルエンサーの真意は、はたして...。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース