中国に強く抗議 中国公船が領海侵入

政治・外交


中国公船2隻が11日、尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入したことを受け、加藤官房長官は午前の記者会見で、中国側に強く抗議したことを明らかにした。

加藤官房長官「中国側に対しては引き続き、冷静かつ毅然(きぜん)と対応していきたい」

さらに加藤長官は、海上保安庁の巡視船が領海から退去するよう繰り返し求めていることを明らかにしたうえで、周辺の警戒監視に万全を期す考えを強調した。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース