新井浩文被告 性的暴行 女性と和解

社会


出張マッサージ店の女性に性的な暴行をした罪に問われ、1審で懲役5年の実刑判決を受けた、元俳優の新井浩文被告に対する控訴審の第1回が、12日に開かれた。

新井被告は、法廷に姿を見せなかったが、弁護側は「1審判決は事実誤認があり、量刑が重すぎて不当」と主張したうえで、1審の判決後、新井被告と被害女性の間に和解が成立したことを明らかにした。

判決は、11月17日に言い渡される。

(FNNプライムオンライン10月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース