トランプ大統領 観衆にマスク投げアピール 自身はマスクなし

国際


新型コロナウイルスの感染で選挙活動を中断していたアメリカのトランプ大統領は、感染後初めて、大規模な支持者集会を開いて演説し、選挙戦に本格復帰した。

トランプ大統領は12日、接戦が予想されるフロリダ州の空港に設けられた会場に、大統領専用機を乗りつけて登場し、支持者にマスクを投げるパフォーマンスを見せたが、自身はマスクなしで演説に臨んだ。

トランプ大統領「ありがとう。戻ってこられて最高だ。わたしには免疫がある。そっちに行ってキスしてやる」

およそ1時間続いた演説では、声がかすれることもなく、「力がみなぎっている」などと、体調の回復ぶりを強調した。

また、「ウイルスを根絶して経済を再生する」、「異常な民主党が勝てば、国は元に戻らない」と訴えた。

これに先立ち、トランプ大統領の主治医は、検査の結果、新型コロナウイルスの陰性が確認されたとする声明を発表した。

地元メディアによると、トランプ大統領陣営は、11月の投票日当日まで、毎日、支持者集会を開くことを計画しており、劣勢とされる情勢の逆転に全力を挙げている。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース