WHO 集団免疫論に否定的 一部議論を批判

国際 医療・健康


WHO(世界保健機関)は12日、多くの人が新型コロナウイルスに感染し、免疫を獲得することで流行を抑えるという、いわゆる「集団免疫論」について、否定的な見解を示した。

WHO・テドロス事務局長「公衆衛生の歴史上、『集団免疫』が感染の大流行を抑制するために使われたことはない。科学的にも倫理的にも問題だ」

WHOのテドロス事務局長は、集団免疫とは、多くの人がワクチンを接種することで残りの人々が守られるという考え方であり、「人々をウイルスにさらすことではない」と述べた。

これは、感染拡大を放置することによって集団免疫を獲得すべきという、一部の議論を批判したもの。

さらに、新型コロナウイルスへの免疫について、「どれくらい持続するかや、その強さなどは、まだ不明な点が多い」として、各国に感染防止策を徹底するよう呼びかけた。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース