パジャマ姿でノーベル賞伝える 「とても驚いた」

国際


2020年のノーベル経済学賞は、12日にアメリカの学者2人に決まったが、その知らせは意外な方法で伝えられていた。

オークションの仕組みに関する研究でノーベル経済学賞に決まった、ポール・ミルグロム教授(72)とロバート・ウィルソン名誉教授(83)は、アメリカ・スタンフォード大学の同僚で、自宅もすぐそば。

時刻は午前2時。

ミルグロム教授はすでに寝ていたため、ウィルソン教授が、パジャマ姿でノーベル委員会からの連絡を伝えた。

同僚から起こされたミルグロム教授は、「ものすごくうれしい知らせだったよ。とても驚いた」と話していた。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース