「主人のご無礼お許しください」 河井案里被告 法廷で涙

社会


2019年の参院選をめぐる買収事件の裁判で、河井案里被告は、夫で元法相の克行被告から現金を受け取ったと証言した広島市議に対し、「主人のご無礼、お許しください」と涙を流しながら話しかけた。

13日の裁判には、広島市議の海徳裕志氏が証人として出廷し、「克行被告から『総理から言われた』と封筒に入った現金30万円を手渡された」と証言した。

法廷で証言を聞いていた案里被告は涙を流し、休廷する際に海徳氏に対し、「主人のご無礼、お許しください」と話しかけ、検察側が抗議する場面もあった。

また、法廷では、克行被告が「応援してください。これ気持ちですから」と話す様子が録音された音声が再生された。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース