【速報】“ガソリンに含まれる物質”検出 発生源は不明 健康影響なし

社会


JR横浜駅などでの異臭について、「ガソリンなどの蒸発ガスに含まれる物質」が検出されたことがわかった。

神奈川・横浜市によると、消防局の庁舎でも同じような異臭が確認されたため、空気を採取し、分析したという。

その結果、ガソリンなどの燃料の蒸発ガスなどに含まれるイソペンタンやペンタン、ブタンが、通常の大気中よりも高い濃度で検出されたという。

発生源はわかっていないが、直ちに健康への影響はないという。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース