GoToトラベル 予約サイト「あっ! 戻ってる!」 1万4000円復活に一喜一憂

政治・外交 経済・ビジネス 旅と暮らし


「GoToトラベル」をめぐり、大手旅行予約サイトで割引額が引き下げられた問題が急展開。

割引額を元に戻すよう求める国土交通省の発表に、新たな混乱が広がっている。

割引額の引き下げで混乱する、GoToトラベル。
政府は13日、新たな策を打ち出した。

赤羽一嘉国交相「割引率の引き下げを実施している事業者に対して、元通り35%の割引商品を継続して販売できるよう、観光庁に必要な対策を講じるように指示した」

一部の大手旅行予約サイトでは、GoToトラベルに東京が追加されてから、利用者が急増。

国から配分された給付金が少なくなってきたため、割引額の上限を1万4,000円から3,500円に引き下げたり、利用回数を制限するなどの動きが出ていた。

そこで政府は、割引額を元に戻すため、追加の予算を配分することにした。

また、減額された状態で予約した人についても、元の割引額で対応するよう、事業者に求めた。

GoToトラベルをめぐるドタバタ。
利用者は、振り回されてばかり。

街の人からは「複数の予約をサイト上で決めていて、戻ってくるのはありがたい」、「安心しきれない部分がある。土壇場での変更はしないでほしい」、「混乱しますよね。主人もネットに弱い人なので、ちゃんと窓口に行って調べたい」といった声が聞かれた。

大臣会見の直後、割引額を引き下げていたYahoo! トラベルのホームページには、早速「1万4,000円再開」の文字が。

同じく、じゃらんや一休.comの表示も、13日の正午には、元に戻っていた。

しかし、割引額が引き下げられたタイミングで予約したケースでは、「予約をキャンセルして取り直すと、1万4,000円上限が適用される」と書かれていた。

また、予約できる回数を1回に制限していた楽天トラベルは、この制限をなくす方針。

一方で、これまでの政府の対応に、不信感を募らせる代理店もある。

旅行予約サイト「ゆこゆこネット」。
12日の午後9時に、GoToトラベルによる割引販売の中止を発表したばかりだった。

理由は、国からのお金。

株式会社ゆこゆこ 代表取締役・徳田和嘉子さん「(政府からの振り込みが)今、3回延びてて...」

株式会社ゆこゆこ 財務経理部・西嶋和範さん「億単位で立て替えてることになっていますので、非常に厳しい状態が続くかなと思っています」

聞けば、国から支払われるはずの給付金が、まだ一度も支払われていないという。

そのため、今回の発表を受けても、すぐにプランの復活には踏み切れないという。

株式会社ゆこゆこ・徳田さん「弊社のように、旅行業一本でやっているところは、(政府からの)給付金額がいくらになるかまで見えないと、怖くて再開できないですね」

ホテル側も、一喜一憂。

都内にある、比較的リーズナブルなビジネスホテル。
13日に取材した時点では、大手サイトの割引額の引き下げで、高級ホテルなどから客が流れるのでは? と期待していたが...。

コンフォートホテル・宮崎梢広報担当「今回、上限が元に戻るということなので、わたしたちのようなホテルは検討していただけないかもしれないが、知っていただいたという機会ではあったのでよかった」

はたして、この割引はいつまで続くのか?

事業期間は2021年1月末までとされているが、政府は、予算の状況を見ながら、終了時期を判断する予定。

元に戻ったことで、ひとまず救済される方向になったわけだが、ただ、そもそもあった課題が残されたままになる。

小さな宿などには人が来ない。
そもそも、お金が苦しくてGoToの恩恵を受けられない人はどういうふうにしたらいいのか、そこに目を向けることも、引き続き必要。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース