三菱自動車が合意 冬のボーナス2割減

経済・ビジネス 仕事・労働


三菱自動車は、冬のボーナスについて、2020年の春に妥結していた水準から、2割程度減額することで労働組合側と合意したという。

国内の従業員およそ1万3,000人が対象で、支給額は、2.65カ月分から2.05カ月分に引き下げられる。

新型コロナウイルスの影響などで、2020年度の業績は3,600億円の赤字になる見通しで、コスト削減の一環となる。

(FNNプライムオンライン10月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース