GoToトラベル 割引元通りに 追加の給付金配分へ

政治・外交 経済・ビジネス 旅と暮らし


一部の旅行サイトで減らされたGoToトラベルの割引額が一転元通りに。
混乱する現場を取材した。

13日朝、首相官邸を訪れた赤羽国土交通相。

赤羽国交相「(総理とは面会だったのでしょうか?)そうです、はい。(どのような内容だったのでしょうか?)GoToトラベルちょっと混乱しているので、こういうふうにしますということの報告」

秋の旅行シーズンに水を差したGoToトラベルの割引額引き下げ問題が一転。

赤羽国交相「元通り35%の割引商品を継続して販売できるよう、観光庁に必要な対策を講じるよう指示した」

赤羽国交相は、14日の午前までに割引額を元に戻すと発表した。

GoToトラベルの予算はおよそ1兆1,200億円。

このうちの半分が、すでに給付金として宿泊施設、旅行会社、旅行予約サイトに割り当てられている。

しかし、東京が対象に追加され、利用者が集中した旅行予約サイトでは、給付金が不足し割引額引き下げの動きが出ていた。

そこで政府は今回、まだ割り当てられていない予算から、急きょ追加の給付金を配分することにした。

大臣会見の直後、割引額を3,500円に引き下げていた「Yahoo! トラベル」のウェブサイトには早速、1万4,000円再開と書かれていた。

同じく、「じゃらん」や「一休.com」の表示も正午には元に戻っていた。

また、割引額が3,500円で予約したケースについては、予約の取り直しで上限1万4,000円に変更が可能となる。

このどたばた劇に街では、「複数の予約をサイト上で入れていて、(割引額が)戻っていくのはありがたい」、「安心しきれない部分はある。土壇場での変更はやめてほしい」などの声が聞かれた。

一方、これまでの政府の対応に不信感を募らせている旅行代理店も。

旅行予約サイト「ゆこゆこネット」は12日夜、割引販売の中止を発表。

国からの給付金がまだ一度も支払われていないというのが中止の理由。

株式会社ゆこゆこ代表取締役・徳田和嘉子さん「ずっと立て替え払いをしているものですから、(政府からの)給付金額がいくらになるかまで見えないと、ちょっと怖くて再開できない」

また、12日に取材した際に、大手サイトの割引額引き下げを顧客獲得のチャンスと語っていた東京都内のビジネスホテルでは...。

コンフォートホテル・宮崎梢広報担当「今回、上限が元に戻るということなので、もしかするとわたしたちのようなホテルは検討していただけないかもしれないが、知っていただいたという機会はあったので良かった」

GoToトラベルは2021年1月末までが事業期間とされているが、政府は予算の状況をみながら終了時期を判断する予定。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース