5G対応のiPhone12発表 16日から予約開始

経済・ビジネス 技術


アップルは、高速で大容量の次世代移動通信システム「5G」に対応したスマートフォンの新機種「iPhone 12」を発表した。

アップルは13日、新型コロナウイルスの影響で、新製品発表会をオンラインで行い、初めて5Gに対応した「iPhone 12」を披露した。

ティム・クックCEO「iPhoneの新時代が始まります。iPhoneを5Gに対応させます」

「iPhone 12」は本体がこれまでより薄く、軽い作りになっている。

また、5Gに対応したことで、人が密集した場所などでも、より高速のデータ通信が可能になったという。

ほかにも、小型の「iPhone 12 mini」やカメラ機能を強化した「iPhone 12 Pro」なども発表された。

iPhone 12の日本での価格は、8万5,800円(税別)からで、10月16日から予約を受け付け、23日に発売される。

5G対応スマホは、すでにソニーやシャープ、韓国のサムスン電子、中国のファーウェイなどが販売し、アメリカのグーグルも15日に発売予定。

各社の主な5G対応スマホが出そろった形だが、国内での5Gサービスエリアが限られる中、通信網の整備が今後の普及の鍵を握るとみられる。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース