ベルリンに慰安婦像設置 自治体が「当面容認」

国際


ドイツの首都・ベルリンに韓国の団体が設置した慰安婦像について、撤去を要請していた地元自治体は、設置を当面の間、認めると発表した。

ベルリンの公有地に韓国の団体が設置した慰安婦像について、地元の自治体は、日韓の間で中立を保つためなどとして、14日までに撤去することを要請していた。

撤去要請に反発した団体側は、抗議デモを行い、裁判所に撤去決定の効力停止を申請した。

これを受け、地元自治体は13日、裁判所の判断が出るまでの間、設置を認めることを発表した。

今後、日韓双方が折り合える妥協案を探りたいとしている。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース