学校用パソコン入札で談合か NTT西日本など14社に立ち入り検査

社会 経済・ビジネス


広島県などが発注する学校用パソコンなどの入札で談合を行った疑いがあるとして、NTT西日本など14社に公正取引委員会が立ち入り検査したことがわかった。

13日と14日、独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査を受けたのは、NTT西日本や大塚商会の広島支店や、広島市の電気通信会社ソルコムなど14社。

関係者によると、公立の小中高校用のパソコンとタブレットなどの入札で、事前に受注業社を決めるなどの談合を、遅くとも2013年ごろから繰り返していた疑いが持たれている。

NTT西日本と大塚商会、ソルコムは、「立ち入り検査を受けたのは事実です。調査には全面的に協力していく」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース