森友改ざん「佐川さんの判断です」 財務省職員自殺で妻訴え

社会


森友学園をめぐる公文書の改ざんを苦に、財務省の職員・赤木俊夫さん(当時54)が自殺し、妻が国などを訴えている裁判で、妻側は、国に対して、赤木さんが改ざんの詳細を記録したとされるファイルの提出を求めた。

2019年3月、自殺した赤木さんの元上司が弔問に訪れた際、「赤木さんが改ざんの詳細をファイルにまとめていた」と、妻の雅子さんに、改ざんの実態を明かしていた。

近畿財務局・赤木俊夫さんの元上司「もちろん、判断は佐川さん(元理財局長)の判断です。初めから赤木さんは抵抗していました。そのあとずっと、どんどんどんどんエスカレートする中で、(赤木さんは)耐えられないと。涙を流しながら、抵抗していた。どこがどうで、何がどういう本省の指示かって」

14日の裁判で、国側は、ファイルの有無も含め、回答する必要はないと主張した。

赤木俊夫さんの妻・雅子さん「隠すことで誰を守ってるんだろうと思う。何があっても闘うつもりでいます」

雅子さん側は、元上司の音声データを証拠として採用するよう裁判所に求め、国に対し、「赤木ファイル」の提出を引き続き求めていく方針。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース