衝撃の砲弾射撃 陸自が訓練公開

社会


衝撃の砲弾射撃を公開。

陸上自衛隊は、「155mm りゅう弾砲FH70」の砲撃訓練を公開した。

FH70は、移動式の大砲で、重さおよそ40kgの砲弾を込め、3,500メートル先の目標を狙う。

今回は、着弾地点の近くにある施設からの撮影も初めて許され、報道陣も、砲弾がさく裂する衝撃を体感した。

陸上自衛隊は、離島防衛の機動力強化のため、自走できるトラックタイプの大砲に切り替えていく予定。

(FNNプライムオンライン10月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース