新型iPhone 5G普及の起爆剤になるか インフラ整備も課題

経済・ビジネス 技術


新型iPhoneは、5G普及の起爆剤になるのか。

アップル ティム・クックCEO(最高経営責任者)「次世代の到来です。きょう、iPhoneの新時代が始まります。iPhoneを5Gに対応させます」

IT大手「アップル」がお披露目した「iPhone 12」。

高速で大容量の次世代通信システム「5G」に初めて対応したモデルで、人が密集した場所などでも、より高速のデータ通信が可能に。

また、従来の機種より重さを16%軽くしたコンパクトなモデルで、カメラ機能を高め、写真や動画をより鮮明に撮影することもできる。

ディスプレーは11と同じ6.1インチで、従来の4倍の強度となる強化ガラスを採用。

うっかり落としてしまったときのディスプレーの破損を防ぐ。

ほかにも、小型の「iPhone 12 mini」や、カメラ機能を強化した「iPhone 12 Pro」なども発表、iPhone 12は税別8万5,800円からで、10月16日から予約の受け付けが始まる。

5G対応スマホは、すでにソニーやシャープ、韓国のサムスン電子、中国のファーウェイなどが販売し、アメリカのグーグルも15日に発売予定。

各社の主な5G対応スマホが出そろった形。

国内で圧倒的なシェアを誇る、アップル。

今回の参入は、5G普及の起爆剤となるとの見方もあるが、今後の普及の鍵を握るのは、通信網の整備。

NTTドコモは、2020年6月までに47都道府県に1局以上設ける目標を達成、KDDIとソフトバンクは2020年度中に行うとしている。

また楽天は、2023年度中におよそ2万3,500局を整備するとしている。

現在は、都市部などに限られた5G提供エリアを、どれだけ早く日本中に拡大できるのか、各キャリアの対応に注目。

(FNNプライムオンライン10月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース