世界最小チップ 低消費電力と高速処理を実現 新型iPhone

技術


新型iPhoneは、5G普及の起爆剤になるのか。

テクノロジーにくわしいIoTNEWS代表の小泉耕二さんに話を聞いた。

三田友梨佳キャスター「新型iPhone、小泉さんはどんなところに注目されていますか?」

IotNEWS代表・小泉耕二さん「高性能チップが搭載されているというところだと思います。5G通信が話題になっていますけど、高速通信に見合った高速なデータ処理をするには、低消費電力で、かつ高速なコンピューティングが必要になります。こういった課題をクリアにするためには、世界最小の高性能チップとなっている『A14 Bionic』といったチップが搭載されているんです。これは、台湾のTSMCという世界のチップメーカーとしては最大手の会社しかつくれないものです。これが、iPhoneでは、世界に先駆けて搭載されたというものになります。さらに、ハード面だけではなく、ソフトウエア面でも工夫がされています。iPhone 12は、消費電力が大きくなってしまう5G通信が必要のないときは自動的にLTEに切り替えるというふうな機能があるといわれています。例えば、映画を丸々1本ダウンロードするには5G、その代わり、普段の使い方ではLTEで十分だということがあると思いますので、そういう切り替えをすることによって、スマホのバッテリーを長持ちさせるというふうなことができるといっています。また、5Gサービスを開始したにもかかわらず、端末の普及がなかなか進んでいないことで、通信キャリアさんは悩んでいたと思うんですけど、今回の5G対応のiPhoneの登場は、朗報になったんじゃないかと思います」

三田キャスター「新型iPhoneに使われている高性能チップ、それが今後は5G対応スマホのスタンダードとなっていくのでしょうか?」

IotNEWS代表・小泉さん「世界シェアとしては、ファーウェイ、サムスン、iPhoneとなっているわけなんですけれども、米中貿易摩擦のこともあって、ファーウェイなどの中国製のスマホには最新の高性能チップを、台湾企業から輸入することができないんですね。なので、それを搭載することができない状態もあります。そのため、5G対応スマホでiPhoneのシェアを広げるチャンスになるんじゃないかと、わたしは思います。iPhoneユーザーというのは、あくまでも先進国や高所得者層がメインでして、世界的にはハイスペックなスマホよりも、価格と機能のバランスがいい、そういったものを重視するユーザーが多いというのもありますので、高性能だからといって、iPhoneが人気を拡大するかどうかというのは、また別の話になると思います」

三田キャスター「今、日本でも5Gの基地局の整備も急ピッチで進められていますが、5Gで利用したい魅力的なサービスが増えることも期待したいと思います」

(FNNプライムオンライン10月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース