両候補が同時刻に生出演へ 中止の討論会に代わり...

国際


投票日まで3週間を切ったアメリカ大統領選挙で、中止になった討論会の代わりに、両候補が同じ時刻に別々のテレビ局に生出演することが決まった。

アメリカのNBCテレビは、トランプ大統領がフロリダ州で、15日夜の番組に生出演し、タウンミーティング形式で有権者の質問に答えると発表した。

民主党のバイデン候補は、同じ時間にペンシルベニア州から、ABCテレビに生出演する。

15日には、元々2回目のテレビ討論会が予定されていたが、トランプ大統領がオンライン形式での開催に反発し、中止されていた。

一方、トランプ大統領は14日、オンライン形式のイベントに出席し、支持を訴えた。

トランプ大統領「これは社会主義の悪夢か、アメリカン・ドリームを選ぶ選挙だ」

こうした中、ホワイトハウスは、メラニア夫人が新型コロナウイルスの検査で陰性になったと発表した。

(FNNプライムオンライン10月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース