液体ミルク40万缶回収 雪印 フィルム片混入か

経済・ビジネス 暮らし


雪印メグミルクは、子会社が販売する液体ミルク40万缶を自主回収すると発表した。

自主回収するのは、雪印ビーンスタークが販売する「液体ミルク すこやかM1」で、賞味期限が2021年9月16日以前の200ml缶と6缶パック、あわせて40万缶。

対象商品は、大塚製薬の徳島第二工場で製造されたもので、一部商品に缶のフィルム片が混入している可能性があるという。

雪印ビーンスタークは、「安全性に問題はなく、今のところ健康被害の報告はない」としている。

(FNNプライムオンライン10月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース