パリなど9都市 夜間外出禁止 非常事態宣言

国際 医療・健康


フランスで新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることを受け、政府は、新たに非常事態を宣言し、パリなどで夜間の外出を禁止する措置を決めた。

フランスでは、10月に入り、1日の感染者が2万7,000人にのぼるなど、感染拡大が深刻化している。

マクロン大統領「(新型コロナウイルスを)コントロールできなくなったわけでないが、懸念される状況だ。われわれは夜間外出禁止を決めた」

マクロン大統領は14日、パリを始め、国内の9つの都市に対し、17日から少なくとも4週間、午後9時から午前6時までの外出を原則禁止すると発表した。

違反した場合、135ユーロ、日本円でおよそ1万6,000円の罰金が科されるが、国内の移動制限は設けないとしている。

(FNNプライムオンライン10月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース