仏・医療従事者 待遇改善求めデモ 「ベッド数・人員が足りない」

国際 医療・健康


新型コロナウイルスの感染者が急激に増えているフランスの医療従事者たちが15日、待遇の改善などを求めて抗議デモを行った。

フランス全土から集まった医療従事者たちは15日、新型コロナウイルスに対処する医療従事者や病院設備が不足しているとして、パリの保健省の周辺で抗議の声をあげた。

地元メディアによると、フランスでは1993年から2018年までの25年間で、ベッド数が10万床削減されるなどの政策がとられてきた。

デモ参加者「ベッドも医療従事者も足りない。いろいろなものが足りない。この世界的大流行に、政府は何も計画を立てていない」

フランス政府は、年内にベッド数の増加と医療従事者の給与を増やす方針などを発表しているが、デモ参加者たちは「不十分だ」と訴えている。

(FNNプライムオンライン10月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース