KDDI 12月までに値下げへ 大手3社で初「時期」示す

経済・ビジネス


KDDIが、12月までに政府が求めている携帯料金の値下げに対応する考えを明らかにした。
見直し時期を示したのは、大手3社で初めて。

KDDIの高橋社長は、16日に東京都内で会見を開き、政府が推し進める携帯料金の見直しについて、総務省が、今後取りまとめる基本方針をふまえたうえで、2020年12月までに、4Gの携帯料金を見直す考えを明らかにした。

また、20GBのプランを新たに設けて対応することを検討していることも示唆した。

(FNNプライムオンライン10月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース