1カ月半遅れで... 「サンマ定食」が復活

経済・ビジネス 旅と暮らし


およそ1カ月半遅れで、秋の看板メニューが登場。

大戸屋ホールディングスは、さんまの記録的な不漁を受け、例年、9月から10月まで販売している「生さんまの炭火焼き定食」の提供を見送っていたが、10月上旬から、漁獲量が回復したとして、16日から販売を開始した。

ただ、今後の漁獲量などによっては、価格の変更や販売取りやめの可能性もあるという。

(FNNプライムオンライン10月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース