国産初の治療薬に? 「アビガン」承認申請

経済・ビジネス 医療・健康


新型コロナウイルスの治療薬候補「アビガン」について承認申請。

富士フイルム傘下の富士フイルム富山化学は、「アビガン」について、新型コロナ治療薬として承認を得るための申請を厚生労働省に行ったと発表した。

承認されれば、国産の新型コロナ治療薬としては初めてとなる。

富士フイルム富山化学は、国内の臨床試験で、早期に症状が改善したうえで、ウイルスが陰性化することを確認でき、安全性上の新たな懸念も認められなかったという。

(FNNプライムオンライン10月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース