政府・学術会議 意思疎通図る 任命問題 決議文に回答なし

政治・外交 文化 科学


日本学術会議の会員候補6人が任命されなかったことに関し、菅首相は16日午後、日本学術会議の梶田会長と会談した。

任命問題をめぐっては、踏み込んだやり取りはなく、学術会議のあり方について、政府と学術会議がコミュニケーションを取りながら検討していくことで一致した。

日本学術会議・梶田会長は「(6人の任命拒否について、具体的な説明は?)きょうそこの点については、特にご回答を求めるという趣旨ではないので、特にそこについて、明確なことがどうこうということはないです」、「(理由を聞かなかったのか?)一応、(決議文を)お渡しはしましたけれども、それよりも未来志向で、例えば学術に基づいて社会や国に対してどういうふうに貢献していくか、そういうようなことについて、主にお話しした」と述べた。

会談は、菅首相と梶田会長の2人だけで、およそ15分間行われた。

その中で、梶田氏が、6人の任命拒否の理由などを求めた決議文を菅首相に手渡したが、明確な回答はなかったという。

また、日本学術会議のあり方をめぐって意見が交わされ、梶田氏が「学術会議の役割が、昔に比べてはるかに重要になってきている。発信力が弱かったことについてはしっかり改革していきたい」と述べたのに対し、菅首相が「しっかりやってください」と応じたという。

梶田氏は、6人の任命拒否をめぐる今後の対応について、「学術会議の方でしっかり考えていきたい」としている。

会談後、菅首相は記者団に対し、「私からは『学術会議が国の予算を投ずる機関として、国民に理解をされる存在であるべき』そうしたことを申し上げました。梶田会長からは、『未来志向で、今後の学術会議のあり方を、政府とともに考えていきたい』というお話がありました。政府としてもそこはそうしたいと思っています。それで井上担当大臣を中心として、梶田会長とコミュニケーションを取りながら、そうした方向にお互いに進めていく、そういうことで合意しました」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース