北欧発フードデリバリーの戦略とは 東京にも進出へ

経済・ビジネス 旅と暮らし


世界展開するフードデリバリーサービスが、東京に進出。

おなじみの黒いリュックに、ピンクのパンダ。

加熱するフードデリバリー市場に新たに仲間入りするのが、青いリュック。

Wolt Japan・新宅暁さん「われわれはこのたび、東京への進出を決定した」

22日から東京でサービスを開始する、フードデリバリーサービス「Wolt」。

2014年にフィンランドでスタートし、現在23カ国100都市以上で展開しているが、日本でも。

広島・呉市中心部では、水色のリュックを背負った配達員が自転車に乗って、街を駆け抜けていた。

2020年に入って、広島、北海道・札幌、宮城・仙台に進出。

来週、東京・渋谷区を中心とした一部エリアでサービスを開始することが、16日に発表された。

スタート当初は、都内のおよそ150店舗のメニューを頼むことができ、今後、順次エリアを拡大。

取扱店舗も増やしていく予定。

Wolt Japan・新宅暁さん「これまでフードデリバリーを行っていなかったような、地元で愛される名店に加盟いただいている。アプリを開けば、1番その街のおいしいお店が見つかる、そんなプラットフォームを目指している」

しかし、すでに同業他社がひしめき合う東京。

それでも、後発として参入する「Wolt」の戦略とは、どのようなものなのか。

Wolt Japan・新宅暁さん「おもてなしフードデリバリーと説明しているのがポイントかなと思う。非常に高い質のサービスをお客さまに提供しています」

その1つが、カスタマーサポート。

利用者からの問い合わせなどには、スタッフが1分以内にチャットで対応し、解決にあたるという。

このチャットサポートは、顧客だけでなく、配達員と各店舗にも提供。

信頼感や満足度の向上につながるとしている。

また、デリバリーによる自転車事故が問題となる中、配達スタッフには、交通安全順守などの適性テストに合格した人を採用するほか、独自のアルゴリズムを活用した効率的な配達により、届けるまでの時間を平均30分程度としていて、質の高い配達にもこだわっているとしている。

新型コロナの感染拡大の影響で、フードデリバリー市場は今、まさに戦国時代。

8月には、国内初のデリバリーサービス「Chompy」がローンチ。

そして9月は、ドイツ・ベルリン発祥の「foodpanda」がサービスを開始するなど、新規参入が相次ぎ、競争はますます激化するとみられる。

(フジテレビ)

(テレビ新広島)

(FNNプライムオンライン10月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース