ソニー 裸眼3Dディスプレイ公開 「空間表現」新時代

経済・ビジネス 技術


裸眼で3D映像が見られるディスプレイを公開。

ソニーが公開した「空間再現ディスプレイ」は、左右の目が見ている角度を分析し、それぞれの目に別の映像を映し出すことで、メガネなどを使わずに裸眼で3Dの立体的な映像を見ることを可能にした。

左右の目の位置は、カメラやセンサーなどを使った独自の顔認識技術により検出している。

姿勢を変えると、画像も一緒に動いて、上部をのぞき込むことができる。

CGクリエイターの利用のほか、自動車販売店などのカタログや美術館の展示ディスプレイへの活用なども見込んでいる。

ソニー TV事業本部・鈴木敏之統括部長「これをきっかけに、立体表現する業界が大きく広がっていくことを期待している」

(FNNプライムオンライン10月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース