男性の首切断...テロ攻撃か 仏警察が容疑者射殺

国際


フランス・パリ郊外で男性教師が首を切断されて殺害され、捜査当局は、イスラム過激派のテロとみている。

当局や地元メディアによると、パリ郊外の路上で16日、中学校の男性教師が首を切断されて殺害されているのが見つかり、警察は、刃物を持っていた容疑者の男(18)を射殺した。

この教師は、授業で表現の自由を教える際、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を見せていたという。

容疑者はロシア国籍で、チェチェン出身とみられ、射殺される際に「神は偉大なり」と叫んでいたという情報もある。

事件現場を訪れたマクロン大統領は、「イスラム過激派のテロ攻撃だ」と述べた。

(FNNプライムオンライン10月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース