2階通路の床抜け5人重軽傷 北海道・苫小牧市のアパート

社会


17日、北海道・苫小牧市のアパートで、2階の外側に設置された共用部分の通路の床が抜けて5人が転落し、重軽傷を負った。

17日午後5時ごろ、苫小牧市新開町のアパートの2階の外側に面した共用部分の通路の床が抜けて、5人が転落したと消防に通報があった。

5人は家族で、このうち10代から40代の女性4人が骨折などの重傷、1歳未満の男の子が軽いけがをして病院に搬送された。

5人は、買い物から帰ってきて玄関前に着いたところ、突然、床部分が抜け落ちたという。

警察は、通路がさらに崩れるおそれがあることから警戒を続けていて、床が抜け落ちた原因について調べている。

(FNNプライムオンライン10月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース