メニューに名物・味噌カツがない…名古屋の矢場とんが「昔の矢場とん」オープン 社長「常に原点を考える」

経済・ビジネス 旅と暮らし

  • 看板メニュー「味噌カツ」のない「昔の矢場とん」がオープン!?
  • お店の原点は屋台…串カツや味噌おでんが看板メニューの大衆店
  • 「原点を見つめ直したい」長年温めていた企画…コロナとは無関係

豚のマスコットでお馴染みの「矢場とん」。矢場とんといえば名古屋めしの代表格「味噌カツ」が有名だが、16日名古屋にオープンした「昔の矢場とん」には、味噌カツがない。その理由を取材した。

名古屋市中区、大須観音のすぐ隣に16日にオープンした、その名も「昔の矢場とん」。壁にはかつての外観の写真が…。この店舗は昭和22年の創業当時をイメージして作られている。


おなじみのマスコット・ぶーちゃんも、よく見ると、元祖は微妙に違うのがわかる。


そして肝心の料理にも違いが。味噌カツを扱っていないのだ。

矢場とんの鈴木社長:
昔はもっと「矢場とん」というのは大衆食堂だったので、串カツもあれば、メンチカツ、アジフライ、それこそ味噌おでんもありましたした


昭和22年に小さな屋台からスタートした「矢場とん」。
当時は、串カツやおでんが看板メニューだったとのこと。


味噌カツも提供していたが、当時はあくまでも数あるメニューの一つ。今回の「昔の矢場とん」では創業時の主力メニューをメインに据えたため、味噌カツがおいてない。


しかし、そこは「矢場とん」。甘辛味噌仕立てのおでんやロース串カツなど、味噌ダレを味わうこともできる。


 


ーーコロナの時代に新しい店舗をオープンされたのは?

鈴木社長:

別にコロナだからではなくて、その前からこういうお店をずっとやりたかったんですけど、なかなか表現できなかった。常に原点を考えていれば、必ず良い方向にいくんじゃないのかな

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン10月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース