フランスでの修業経て洋菓子世界大会2位に 若きパティシエの極上モンブラン

社会 旅と暮らし

  • 1日限定50個…世界2位に輝いた若きパティシエの極上モンブラン
  • 栗一つ一つを丁寧に…素材本来の美味しさを生かしたオリジナルの味に
  • 手間をかけた分だけ美味しくなる…世界大会を境に「お菓子への思い変わった」

1日限定50個のモンブラン

秋に食べたくなるモンブラン。本場フランス仕込みの極上の逸品が名古屋市西区にある。洋菓子世界大会で2位の成績を収めた若きパティシエの手間暇をかけた丁寧な手仕事に迫った。


名古屋市西区。地下鉄浄心駅から徒歩5分のところにある、「パティスリー サヴール オン ドゥスール」。2019年4月のオープン以来、客が絶えない人気洋菓子店だ。


女性客A:
独特の香りがあって美味しいです

女性客B:
他のケーキ屋さんも買ったりしているけど、また食べたいなと思って戻ってきます。お土産で買って、ここは自分の分も買います


手掛けるのは、森山康さん、39歳。洋菓子世界大会に日本代表として出場し、世界2位に輝いた若きパティシエだ。


森山さんが追求するのは、軽くてやわらかな味わいでありながらも満足感があり、毎日でも食べたくなるようなお菓子。


中でもこの時季に特に人気なのがモンブラン。
栗の味わいと滑らかな口溶けにとことんこだわり、ひと際手間暇をかけて作り上げる逸品だ。


森山さん:
手間はかけた分だけ美味しくなると信じているので。みんなが大好きなお菓子なのですごくこだわって作りますし、食べてもらいたいです

栗一つ一つを丁寧に…素材本来の美味しさを生かしたオリジナルの味に


もちろん味の主役は、栗。

森山さん:
ポルトガルの栗をフランスで加工したものです。見た目も小ぶりで味が濃くて、和栗とは違った味わいになっています。素材を味わう。余計な甘みを加えずに調理してあげることが美味しさにつながる


あらかじめ味を整えたペーストを使う店も多いが、森山さんはこの栗を自ら調理してオリジナルの味に仕上げる。

まずは1粒ずつ表面に残る渋皮を取り除く。これだけでも随分と手間がかかる。


続いてアクをとるために牛乳を少し加え、しっかり火を入れて1時間。指でもつぶれるくらいの柔らかさにする。

続いては味付け。水に対し40パーセントの砂糖を加え、煮ていく。糖度は洋菓子としては甘くない30度前後。栗本来の味わいが引き立つよう、甘さはかなり控えめだ。


ひと煮立ちしたら、後は一晩かけてシロップをじっくりと中まで浸透させる。こうしてできたのが、栗のコンポート。これを使ってマロンクリームを作る。


まずは、目の細かいこし器で裏ごし。手の力はもちろん、体重をのせながら行う。


かなりの力仕事だが、目指す味わいのためには、欠かせない作業だ。

ふんわりと粉状に仕上がると、次はミキサーで練っていく。この時、香り高いフランス産のマロンペーストや、無塩バター、生クリームを加える。


森山さんは、「栗きんとんのような、あの味をフランスのモンブランのような感じで表現できたら」と話す。

手間をかけた分だけ美味しくなる…世界大会を境に「お菓子への思い変わった」


大学卒業後、フランスへ渡り修業を積んだ森山さん。その後、名古屋の松島義典シェフのもとで世界大会を目指し、さらに腕を磨いた。


そして2013年、日本代表として世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」に出場。結果は銀賞、世界2位として堂々たる成績を修めた。


森山さん:
お菓子に対する思いは、(大会を境に)自分の中で変わったと思います。手間はかけた分だけ美味しくなるって僕は信じているので

手間暇かけて作り上げたマロンクリームで、いよいよモンブランを仕上げる。土台となるのは、「シュクセ」というメレンゲ菓子。サクッとした食感を残すため、ホワイトチョコレートでコーティングしてある。


その上に硬めにホイップした生クリームを絞り、山のように成形。マロンクリームを飾り付けていく。


森山さん:
簡単にそうに見えるじゃないですか、でも絞ってみると全然できないんですよね。(修業時代)できないことが悔しくて


森山さんは、体が勝手に動くようになるまで絞り続けたという。

森山さん:
絞りの技術は人間の手でしかできない繊細な事ですし、絞り方1つで見え方が変わってくる。モンブランと言えば僕はこの形だと思います


手間暇かけて作り上げた「モンブラン」648円。
口に入れるとすっと溶けるマロンクリームは濃厚ながらも軽くてあっさりとした、他にはない味わい。秋の訪れを感じる極上の逸品だ。


店頭に並べると、続々と注文が入る。

女性客C:
(販売が)9月11日から始まっているので、早いうちにいただききたいと思って

女性客D:
母が好きで。いま栗の季節でもあるので

女性客E:
SNSで栗や芋を見ることが多かったので、食べたくて頼みました


森山さん:
僕にとっても大切なお菓子。コロナには負けませんし、今以上にもっと多くのお客さんに食べていただけるように努力していきたいなと思います


「パティスリー サヴール オン ドゥスール」は、地下鉄・浄心駅から歩いて5分。モンブランは手間暇がかかるため、1日限定50個の販売。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン10月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース