トランプ氏“追い込み”演説 接戦州 バイデン氏と激戦

国際


アメリカの大統領選挙は、投票日が来週に迫る中、トランプ大統領は「最重要州」とされるペンシルベニア州を、3週連続で訪れて追い込みをかけている。

ペンシルベニア州は、勝敗の鍵を握る州として、両陣営が活発に運動を行っていて、最新の世論調査では、民主党のバイデン氏が4.9ポイント、トランプ氏をリードしている。

トランプ大統領「ペンシルベニアを制する者が全米を制する」、「私が指名したバレット氏が今夜、議会で最高裁判事に承認される」

挽回を狙うトランプ大統領は26日、州内3カ所で演説を展開し、最高裁判事に指名した保守派のバレット氏が、まもなく議会上院で承認されるとアピールした。

これに対してバイデン氏は、「判事の指名式典ではクラスターが発生した。学ぶべきだ」と述べ、承認後に式典が予定されていることを厳しく批判した。

(FNNプライムオンライン10月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース