大統領選の行方も左右か 最高裁判事就任

国際


アメリカ大統領選挙の焦点の1つになっている最高裁判事の指名について、議会上院は、保守派のバレット氏を承認した。

9人の判事の大半を保守派が占めることになり、今後の司法判断に影響を与えることになる。

与党・共和党が過半数を占める議会上院は26日、バレット氏を、賛成多数で新しい最高裁判事に承認し、就任のための宣誓式が行われた。

トランプ大統領「アメリカとアメリカの憲法にとって重要な日だ」

バレット氏「アメリカ合衆国の憲法を支持し、守ることを厳粛に誓います」

最高裁判事は9人で構成され、バレット氏の就任により保守派が6人、リベラル派が3人となる。

トランプ大統領は、大統領選挙の郵便投票について、不正の可能性を繰り返し主張し、「選挙の結果は最高裁で争われることになるだろう」と述べている。

野党・民主党は、「トランプ大統領は、法廷闘争を前提に選挙の直前に判事を承認した」と批判して、警戒を強めている。

(FNNプライムオンライン10月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース