年始の大連休 学校に休み延長求めず 授業日数足りず

社会 暮らし 教育 政治・外交


年始の休みを延長し、休暇を分散させる対策について、政府は、授業日数が足りない事情もあり、学校に対しては休暇の延長を求めない方針を示した。

萩生田文科相「ことしは、もうすでに全国一斉休校含めて、授業時間が足りないということで、学校に対して、休業の延長等を要請することは考えておりません」

2021年の三が日は人出が集中するおそれがあり、政府は、年始の休みを延長し、休暇を分散させるよう呼びかけることを決めている。

西村経済再生担当相は27日朝、全閣僚に対し、所管する組織などで休暇を分散するよう要請した。

さらに、経済3団体や知事会などにも協力を呼びかける方針。

一方で、学校は一斉休校により、授業日数が足りないなどの事情があり、休暇の延長を求めないという。

(FNNプライムオンライン10月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース