田村厚労相 年内に金額も... 出産一時金引き上げ含め検討

政治・外交


田村厚生労働相は、医療保険制度改革の一環として、出産一時金の引き上げも含めて検討していくことを明らかにした。

田村厚労相は、27日の閣議後の記者会見で、現在、出産費用についての実態調査を行っていることを明らかにしたうえで、現在、公的保険から42万円が支給されている出産一時金について、引き上げも含めて、見直しの議論を進めていく考えを示した。

今後、調査結果のデータをふまえ、年内に、出産一時金の額についても検討する方針。

出産一時金をめぐっては、自民党の野田聖子幹事長代行が先週、「Live News イット!」に出演し、一時金の額を、最低でも50万円以上に引き上げるよう取り組む考えを示していた。

(FNNプライムオンライン10月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース