ANA 過去最大5100億円の赤字見通し 構造改革案を発表

経済・ビジネス


過去最大の5,100億円赤字の見通し。

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続くANAが、今後の業績予測と収益確保へ向けた具体策を発表した。

ANAホールディングス・片野坂真哉社長「旅客需要の大幅な低迷が続いたことから、上期の業績は大変厳しい結果になりました」

硬い表情でこう述べたANAホールディングスの片野坂社長。

新型コロナウイルスによる利用者の激減で、ANAの2021年3月期の最終赤字は過去最大の5,100億円に達する見通しに。

大幅なコスト削減や航空機以外のビジネスなど、構造改革案を発表した。

ANAホールディングス・片野坂社長「再び成長していくためには、単なる止血策やコスト削減にとどまらず、グループ全体のビジネスモデルを劇的に変革してまいります」

劇的な変革。
その1つが、グループ企業以外への社員の出向。

すでに社員の年収3割削減などを提示している全日空。

今後は、400人以上の社員を家電量販店のノジマや高級スーパーの成城石井、鳥取県内の企業に出向させる予定。

出向先のノジマでは、主にコールセンター業務に従事。

地上で働いていたスタッフは、成城石井で店内業務にあたるとみられている。

この厳しい現状に全日空の現役社員は...。

地上勤務にあたる全日空現役スタッフ「ANAグループの一員として、飛行機に乗られるお客様1人ひとりに接客することに誇りを持っていたので、『新しい環境と新しい仕事で』っていうと、やっぱり不安要素しかない」

劇的な変革はこのほかにも。

大型機を中心に30機以上、大幅に削減。

子会社の「ピーチ・アビエーション」に加え東南アジアやオーストラリア路線を中心に、新たな第3の格安航空会社「LCC」を立ち上げ、レジャー需要を取り込むとしている。

さらに、マイレージ会員のデータを活用し、旅行商品などを販売する新規事業の立ち上げなどが発表された。

ANAホールディングス・片野坂社長「エアライン事業の規模を一時的に小さくすることで、コロナのトンネルを抜けます。飛行機だけで暮らしてきた人が、飛行機以外の方々と交流することで、本人も勉強になるだろうし、会社にも大いなる刺激になると思う」

一方、空の仕事に憧れ、客室乗務員を目指して予備校に通う女子大学生は、先が見えない状況に不安を抱いている。

客室乗務員を目指す女子大生「採用がどんどん中止されていって、業界を変えることも少し考えたのですが、自分にはこの業界しかないと思ったため、このまま続けるつもりです」

会見で「来年度はあらゆる手を打ち、必ず黒字化を実現させたい」と決意を語った片野坂社長。

その手腕が問われている。

(FNNプライムオンライン10月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース