格安ブランドで大容量プラン 携帯大手が新設

経済・ビジネス


菅政権が携帯電話の料金値下げを強く求める中、ソフトバンクとKDDIは、大容量となる20GBのプランを、それぞれの格安ブランドで新設すると発表した。
 
両社が発表したのは、1カ月の使用量が20GBまでの新料金。
 
ソフトバンクは、「ワイモバイル」で月額4,480円のプランを12月下旬から提供する一方、KDDIも「UQモバイル」で3,980円のプランを2021年2月以降に新設する。
 
総務省による携帯料金の国際比較では、日本の20GBのプランは世界で最も高いとされている。
 
両社の新プランは、菅政権による料金値下げの求めに対応した形だが、格安ブランドは選べる端末や取扱店舗の数などで主力ブランドとの差がある中、どこまで利用者が広がるかが焦点。
 
またソフトバンクは、これまで3,000円としていた乗り換え手数料を、オンラインと店頭の両方で、2021年春をめどに無料にすることも正式に発表した。

(FNNプライムオンライン10月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース