「大塚家具」久美子社長退任へ “過去の責任明確に”本人から申し出

経済・ビジネス


「大塚家具」の久美子社長が退任。

大塚家具は、家電量販店「ヤマダデンキ」を展開するヤマダホールディングスの傘下で、経営再建を進めている。

発表によると、久美子社長から、来期の黒字化に向けて道筋がつきつつあることから、過去の業績についての責任を明確にするため辞任したいとの申し出があり、12月1日付で退任するという。

後任は、ヤマダホールディングスの社長も務める三嶋恒夫氏が会長職と兼務する。

久美子氏は今後、大塚家具やヤマダホールディングスを外部からサポートしていくという。

(FNNプライムオンライン10月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース