NEXCO東日本 調布道路陥没で社長謝罪

社会


東京・調布市で道路が陥没した問題で、NEXCO東日本が陳謝した。

NEXCO東日本・小畠徹社長「大変ご迷惑をおかけいたしました。この場をお借りして、おわび申し上げます」

この問題は、10月18日、調布市の住宅街で道路が陥没したもので、外環道のトンネル工事との因果関係を調査中。

NEXCO東日本は、28日の会見で陳謝したうえで、陥没原因を調査している有識者会議の判断が出たあと、工事を再開するか検討するとしている。

(FNNプライムオンライン10月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース